Q&A
よくあるご質問

よくあるご質問

Q. ヒアルロン酸とボトックスの違いは何ですか?
ヒアルロン酸は深いしわなどの溝を埋めたりボリュームを出すことによって、しわやたるみを改善する治療、ボトックスは筋肉の働きを緩めて表情によるしわやたるみを改善する治療です。 ほうれい線、ゴルゴラインなどの肌のくぼみを改善したい、鼻や顎のかたちを整えたい、涙袋を作りたいなど、輪郭形成をご希望の場合はヒアルロン酸を注入するのが一般的です。 額や眉間、目尻のしわなど表情によってできるシワを改善したい場合はボトックスが適応となります。

ヒアルロン酸に関するご質問

Q. どれくらい持ちますか?
ご使用になる製剤の種類、個人差がありますが、大体3ヶ月~12ヶ月をかけてゆっくりと体内で吸収されていきます。 継続的な治療が必要となるため、その際はメンテナンスにお越しいただいています。
Q. ダウンタイムはありますか?
針を刺す行為なので、ダウンタイムが発生するケースが全く無いとは言い切れません。 小さな腫れや内出血は起こり得ますが、ほとんどの患者様がコンシーラーでカバーすることが可能です。 腫れは2~3日程度で治まり、もし内出血が出てしまった場合でも1週間~10日前後で吸収されて無くなります。 内出血予防策として、マイクロカニューレの使用をお勧め致します。
Q. 痛みはありますか?
個人差がありますが、注入する部位などによっては痛みを生じる場合もございます。
Q. アレルギーの心配はありますか?
もともと人の体内にある成分なので、副作用やアレルギー反応を起こす可能性は非常に少ないです。
Q. ヒアルロン酸注入によって、循環障害や皮膚壊死の可能性がありますか?
他国、そして日本においても少数ですが報告がございます。 注入治療は盲目的操作で行うため、どんなに熟練の医師でも循環障害や皮膚壊死が引き起こされる可能性が少なからずございます。 その際には適切な処置が必要となります。
Q. お化粧はいつからできますか?
当日からお化粧は可能です。運動や入浴なども通常通りで問題ありません。
Q. マッサージやエステはどれくらい間をあければいいですか?
注入後の腫れや痛みが引けば問題はありません。目安としては、注入後1週間後となります。

ボツリヌストキシンに関するご質問

Q. ボトックスはボツリヌス菌から作ってるのに、菌を注入して大丈夫なのでしょうか。
ボトックスは菌自体を注入するのではなく、菌が作ったタンパク質を注入します。 3~4ヶ月ほど効果が持続した後、自然にもとの状態に戻りますのでご安心ください。
Q. どれくらい持ちますか?
しわ治療はボトックス注射後1~10日で効果が現れ、製剤の差や個人差がありますが、その効果は3~4ヶ月ほど続きます。 小顔治療や足を細くする治療は効果が現れるまでに1~2ヶ月かかり、効果は3~6ヶ月程度続きます。 1シーズンに1回を目安として定期的にボトックスを注入することで、理想的な状態を維持できます。
Q. 痛みはありますか?
数箇所に注射するため、ある程度の痛みはあります。極細の針で注射しますので痛みに弱い方にも安心して治療をお受け頂けます。
Q. 副作用はありますか?
針の跡が点状に残ったり、内出血が起こることがありますが、これらの反応は一時的で、お化粧で隠せる程度です。 注入量が多かったり、デザインが悪ければ仮面のような不自然な表情になったり、眉が下がってしまうなどの症状も見られます。 豊富な経験を持つ医師による治療をお勧めします。
Q. アレルギーの心配はありますか?
他の薬剤同様、アレルギー反応が起こる可能性がありますが非常にまれなケースです。
万が一、アレルギーなどの副作用が起こった場合は医薬品を用いて対処します。
Q. お化粧はいつからできますか?
当日からお化粧は可能です。運動や入浴なども通常通りで問題ありません。
Q. マッサージやエステはどれくらい間をあければいいですか?
注入後1週間はあけてください。

再生治療に関するご質問

Q.安全性はどうですか?
自分自身の血液を用い、しかも培養操作などが不要なため、安全性は高いと言えます。 また、セルリバイブ療法のキットはアメリカのFDA(厚生労働省)、ヨーロッパ医療ECも取得し、国際的な基準を満たした安全性と品質の両面で安心できる治療です。
Q.副作用はありませんか?
自分の血液から血小板や白血球を精製して少量注入するだけなので、重篤な副作用は報告されていません。 一般的な注入治療と同じく、痛み、赤み、腫れ、内出血などの副作用がありえますが、多くは一過性です。 痛み・赤みは数時間で改善します。腫れは施術後3日~1週間くらい続く場合もあります。 内出血が出た場合1週間程で良くなります。
Q.日常生活の制限は?
治療当日の激しい運動や飲酒、マッサージなど外からの刺激はお控えください。 また、赤みや腫れを早く改善するためには、施術当日はぬるめのシャワーをお勧めします。 メークは当日から可能です。 また、目の周りへの注入時には腫れが目立つこともありますので、サングラスなどをご準備いただけるとカバーが比較的楽にできます。
Q.効果はどうですか?
ヒアルロン酸注入に比べ即効性はありませんが、2週間から3ヶ月で皮膚の修復がおこり効果が認められてきます。 効果の持続期間には個人差があります。ヒアルロン酸のように吸収されてしまうものではなく、自分自身の皮膚を修復する治療なので、長期間に渡って治療効果が認められます。繰り返し治療も可能です。

脂肪溶解注射に関するご質問

Q.脂肪溶解注射の効果を実感出来るのは注射後どれ位経過してからですか?
患者様の状態にもよりますが、大体3日後くらいです。
Q.脂肪溶解注射の注射後に脂肪が元に戻ることはありますか?(リバウンドはありますか?)
基本的にはリバウンドはありませんが、 患者様の食生活や生活環境等によりリバウンドすることもあります。
Q.1回の治療でも十分な効果を期待出来ますか?
1回の治療でも効果は期待出来ますが、十分な効果を出すには3回程度の治療をお勧めします。
Q.脂肪溶解注射を何回か使用する場合、どの位の期間を空けますか?
1週間以上空けて下さい。
Q.1回あたり同部位に何本までの注射が可能ですか?
通常は1か所に1~2本です。脂肪溶解注射は注入部位に均一に広がります。
Q.注射後翌日以降は有酸素運動や顔のマッサージは有効でしょうか?
マッサージや、有酸素運動は良い結果につながります。 マッサージすることで脂肪溶解注射が皮膚内によく広がり効果的です。 有酸素運動は、脂肪溶解注射で溶けた脂肪を燃焼し減少させると考えられます。
Q.小顔注射(脂肪溶解注射)が使用できない箇所はありますか?
特にありませんが、鼻は3回以上の施術は推奨しておりません。